なかむら亮太
なかむら亮太
top profile ideal parl blog muni mail link
中村亮太 プロフィール
1981年4月4日生まれ 妻と二人暮らし 加古川町木村在住
趣味: 旅行、読書(もちろん漫画も)、歴史的なものを見ること
尊敬する人物: 土方歳三、広田弘毅
好きな言葉: なせば成る おもしろき こともなき世を おもしろく
1988年神戸市立御影北小学校入学。
当時は神戸市に住んでいました。当時はバブルの絶頂だったようですが、
もちろん、その記憶はありません。
1994年白陵中学校入学。
難しいと言われていましたが、運良く合格。
部活は吹奏楽部。フルートを吹いていました。
部活は引退まで続け、部長も勤めました。
1995年阪神大震災に被災、 水も電気もガスもない生活を送りました。
都市の脆さと、数日後から「東京で震災が起きたら」を議論する政治家に
疑問を持ちました。思えば、最初に政治家という職を意識した時と思います。
1996年加古川市加古川町に引越し
2000年白陵高等学校卒業
2000年大学受験に失敗し浪人することに。ですが、今も付き合う仲間を見つけたり、思い出深い時でもありました。
2001年関西学院大学法学部入学。 選挙に初めて関わり、政治に触れたのもこの頃でした。4年生の時には議員インターンも経験しました。 その他、アルバイトやバンド活動にと非常に自由な時でした。
2005年民間証券会社入社。 東京勤務となり、株式公開の仕事に就く。当時はベンチャーブーム。若い経営者が活躍しており、 若者にチャンスのあるイキイキとした空気を感じられました。 しかし、次第に形が歪み、ライブドアショック・リーマンショックによりバブル崩壊。 その中で大阪に転勤しました。関西の景気は更に悪いもので、取引先が倒産するのを目の当たりにし、 「政治は何をしているんだ!?」と憤りを感じていました。
2009年衆議院議員岡田やすひろ氏の公設秘書に。 サラリーマン生活に別れを告げ、政治の道へ入りました。秘書として地域の方と触れ合う中で、 充実した時間を送りながらも、自ら議員として活動したいと思うようになりました。
2010年政治活動を開始 3月に秘書の職を辞し、加古川の未来のために政治活動を開始。
2010年加古川市議会議員選挙にて3050票を獲得し、当選。
2010年福祉環境常任委員会に所属
国際交流協会理事(〜2012)
2012年建設経済常任副委員長に就任
議会改革推進特別委員会の委員となり、議会改革を進める。
2013年建設経済常任委員長に就任
2014年神戸大学大学院 法学研究科を修了(政治学修士)
卒業論文は「市議会議員の選挙手法と議会活動の研究」
地方の改革を目指す政治団体「みらいの風」を立ち上げ、政調会長に就任
Copyright(C) Ryota Nakamura All Rights Reserved.